MEIDI-YA STORE
MEIDI-YA HOME TOP
New Arrival World Gourmet Guide Foods in Season Daily Recipe Enjoy a Party! The Sweet Club Gourmand Book





  夏のメニュー
  夏の爽やかホームパーティ・メニュー

夏に美味しい旬素材を味わう、爽やかホームパーティ・レシピをご紹介します。きりりと冷やしたロゼ・シャンパーニュや白ワインとの心地よいマリアージュをお楽しみください。
まずアンティパストには、イタリア式に旬のフレッシュ野菜と温野菜を組み合た「イタリアン・ミックスサラダ」。さらにフジッリなどのショートパスタ、オリーブ、生ハム、フレッシュチーズ、柑橘類など好みの素材を多彩にプラス。煮詰めたバルサミコ酢のオリジナルドレッシングを振りかけていただきます。
そしてパスタは、夏においしい野菜の代表トマトとなすの最高の滋味を味わう「ポジターノ風スパゲッティ」。ポイントは、通気性のよい篭に入れて数日間置いて完熟させた数種類のトマトを用いた美味しいトマトソース。そこに揚げたなす、リコッタ&ペコリーノチーズを加え、絶妙な味わいのハーモニーを堪能できるパスタです。
メインには、旬の魚イサキを爽やかな香りとともに味わう「イサキとあさりの紙包み焼き」。オーブンシートで包んで焼くという、シンプルながら魚の旨みを逃さないおすすめの調理法。上手な焼き加減のポイントもご紹介します。辛口の白ワインとともに楽しみたい一皿です。爽やかなテーブルセッティングと旬素材でゲストをお迎えする、夏のホームパーティをお楽しみください!

Antipasto 
「イタリアン・ミックスサラダ」
Insalata mista con fusilli



材料(4人分)
ショートパスタ(フジッリ)……80g
サニーレタス、トレビス……各3枚
ルッコラ……1束
エンダイブ……1/6株
玉ねぎ、紫玉ねぎ……各小1/4個
グレープフルーツ……1個
プチトマト……10個
ズッキーニ……大1本
パプリカ(黄)……大1個
生ハム……10枚
黒オリーブ……10個
モッツアレラ・チーズ(ひとくちサイズ) ……10個
E.X.ヴァージンオリーブオイル、塩・こしょう……各適宜
〔ドレッシング用〕
煮詰めたバルサミコ酢、オレガノ、レモン汁、
E.X.ヴァージンオリーブオイル、塩・こしょう……各適宜
 

作り方
1. サニーレタス、トレビス、エンダイブ、ルッコラは、適当な大きさにちぎり、玉ねぎは薄切りにして水にさらした後よく水気をきって、それぞれ冷蔵庫で冷やしておく。グレープフルーツは1房ずつむいて粗くほぐし、冷蔵庫で冷やしておく。
2. ズッキーニは、縦3mm厚さに切り、グリルパンで焦げ目が付くまで、両面を強火で焼き、冷ましておく。
3. パプリカは、220℃に温めたオーブンで表面に軽く焦げ目が付くまで焼いてバットに取り出し、厚いうちに皮を剥き、種を取り出してから冷まし、冷蔵庫で冷やしておく。
4. 鍋にたっぷりの湯を沸かしてパスタを茹で、熱いうちにE.X.V.オリーブオイルと塩、こしょうを振りかけて混ぜてから冷まし、冷蔵庫で冷やしておく。
5. ボウルに、冷やしておいた1、4を入れてさっくりと混ぜ、ミニトマト、生ハム、モッツァレッラ、オリーブを散らす。
6. 仕上げに、全体にオレガノを散らし、塩、こしょう、E.X.V.オリーブオイル、レモン汁、煮詰めたバルサミコ酢をまわしかけて和え、サーブする。

●レシピのPOINT
・パプリカの皮を剥き種を取る際には、味をそこなうので決して水で洗わないこと。
・茹であげたパスタは、冷水に入れず、そのまま室温で冷ますこと。

<バルサミコ酢の煮詰め方>
・バルサミコ酢は、煮詰めて使いましょう。味が凝縮されて熟成した様な深い味わいとなり、色にも深みが増します。
1.キッチンペーパーにオリーブオイルを吸わせて、鍋の内側全体に薄く塗る。
2.1の鍋にバルサミコ酢1瓶分を注ぎ入れ、弱火で1/4量ほどになるまで煮詰める。密閉容器に入れて冷蔵庫で保存する。


Primopiatto 
「ポジターノ風スパゲッティ」
Spaghetti alla positano


材料(4人分)
スパゲッティ……240g
なす……2本
加熱用トマト……3個
桃太郎トマト……2個
プチトマト、シンシアルージュ……各10個
リコッタチーズ……大さじ4
ペコリーノチーズ……大さじ2
にんにく……2片
赤とうがらし……適宜
バジリコ……適宜
E.Xヴァージンオリーブオイル……適宜
岩塩……適宜
(揚げ油用)
サラダ油またはピーナッツオイル……適宜
 

作り方
1. なすは、へたをとって縦にストライプ状に数カ所皮を剥ぎ、しばらく塩水に放ってあくを抜き、よく水気をふきとる。
2. 1を2cm位の角切りにし、190℃に熱した油で軽くきつね色になるまで揚げてバットに移す。
3. 加熱用トマトと桃太郎トマトは種を取って2cmの角切りにし、ミニトマト類も種を取っておく。
4. 鍋につぶしたにんにくとオリーブオイルを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが移ったら、3の角切りにしたトマトとバジリコを入れ、小口切りした赤とうがらし、塩を加えて蓋をし、中火で約15分煮る。残りのミニトマトも加えてさらに蓋をして15分程煮込む。
5. スパゲッティは、鍋にたっぷりの湯を沸かして粗塩(分量外)を加え、アルデンテに茹で上げる。
6. 4のトマトソースの鍋に、茹で上がったパスタと小さくちぎったバジリコを加えて和え、皿に盛りつける。仕上げにリコッタチーズを上にのせ、擦りおろしたペコリーノチーズを振りかけてバジリコの葉を飾る。

●レシピのPOINT
・トマトは完熟させる!
トマトを購入したら、パッケージから取り出し、籠などに移して風通しの良い場所でそのまま常温で保存。数日経つとトマトの赤さが増して完熟します。まずは購入したばかりの時にひとつ、数日後に完熟したものをひとつ召し上がってみて下さい。その美味しさに大きな違いが生じますよ!


Secondo piatto
「イサキとあさりの紙包み焼き」
Grugnitore al cartoccio


 

作り方

材料(2人分)
イサキ(約20cmのもの)……1尾
あさり……10粒
レモン……2/3個
タイム、イタリアンパセリ……各3枝
にんにく……2片
岩塩……小さじ1
粒こしょう(黒)……10粒
E.Xヴァージンオリーブオイル……適宜
1. イサキは、鱗やえら、腑を取り除いてよく水で洗い、水気をふきとってから、身の1、2か所に切り込みを入れる。あさりは砂抜きをしてよく洗っておく。
2. まな板に、芯を取り除いたにんにく、岩塩、粒こしょうをのせ、ナイフで軽くきざむ。レモンは3mm厚さに輪切りしておく。
3. オーブンシートに、タイムとイタリアンパセリの各1/3量とレモンスライス3枚を敷き並べて2の1/3量を散らし、その上にイサキを置いて腹にハーブと2の1/3を詰め、さらにイサキの上面に残りのハーブと2を散らしてレモンスライス3枚を乗せる。
4. イサキのまわりにあさりを並べ入れて全体にオリーブオイルをまわしかける。オーブンシートの上下を中央で合わせ1cm位織り込み、両端も同じように織り込む(シートの口が開いてしまうようであれば、卵白を塗って接着する)。
5. 200℃で余熱しておいたオーブンに4を入れ、190℃で15〜20分焼く(下記、POINT参照)。オーブンシートに包んだまま皿に盛り、食卓でシートを開けてオリーブオイルを回しかける。

●レシピのPOINT
<イサキに火を入れすぎないよう上手に焼くコツ>
使用するオーブンが、ガスオーブンか電気オーブンかによって、下記を参考に余熱や加熱温度を変えましょう。
ガスオーブンの場合 → 200℃で余熱し、190℃で加熱
電気オーブンの場合 → 210℃で余熱し、200℃で加熱
そして上手な焼き上がりのサインは、オーブンをのぞいてみて紙包みの底でオリーブオイルと魚の焼き汁がブクブクと煮たってきていたらOKの目安、そこで加熱を切ります(15分位経っても煮たってこなければ温度を10℃上げて様子をみる)。そのままオーブンの中で10〜15分程休ませます。味がなじみ一層美味しくなりますよ。