MEIDI-YA STORE
MEIDI-YA HOME TOP
New Arrival World Gourmet Guide Foods in Season Daily Recipe Enjoy a Party! The Sweet Club Gourmand Book




明治屋の原点は、創業者、磯野計の人となりと、その歩いた道にある。
「丈夫たるもの須らく独立して事に當るべし」という信条に根ざした開拓者精神は、
食文化のパイオニア「明治屋」として、今日まで脈々と受け継がれている。

明治18年(1885年)、磯野計は、明治13年から4年間の英国留学によって得た貴重な体験を基に、わが国の近代文明の幕開けの地横浜に「明治屋」を創業。日本郵船の船舶への食料品・雑貨納入を手始めに、総合輸入商、食料品卸・小売業の基礎を固めていきました。

不平等条約の下、貿易といえば欧米の独占状況にあった時代、磯野計は自信を持って世界各国の商社と直接商談を展開し、明治屋の商売を拡大。そうした創業者の姿は、まさに「丈夫たるもの須らく独立して事に當るべし」を実践したものでした。このパイオニア精神は、いまも明治屋の根幹理念として受け継がれ続けています。


明治屋創業者、磯野計。初代社長として横浜において船舶納入業、食料品卸業、小売業、および欧米の著名酒類・食料品の直輸入をはじめる。 明治24年、横浜のメインストリート本町1丁目13番地に新築された「明治屋」社屋。壮麗な西洋スタイルの商店で、大正12年の大震災まで明治屋の本拠地であった。


世界の一流品を輸入提供するとともに、優れた国産品を販売することにも力を注ぎ続ける。
幕末の志士たちと親交を結んだイギリス人貿易商グラバーと磯野計との出会いが、
「明治屋」と「キリンビール」を堅く結びつける縁となった。

明治21年(1888年)、「明治屋」は「ジャパン・ブルワリー社(現在の麒麟麦酒株式会社の前身)」との総代理店契約を締結し、「キリンビール」の一手販売を開始しました。当時、ジャパン・ブルワリー社は、国内にビールの市場を広げるために、日本人による積極的な販売代理店を必要としており、明治屋の磯野計は、親交の深かったジャパン・ブルワリーの発起人であるグラバーの強力な推薦を受け、キリンビールの出荷から販売、代金回収までの全責任を引き受け、全国に広がる強力な販売網を築いていったのです。


明治43年初期の麒麟麦酒株式会社山手工場。左の建物はジャパン.ブルワリー時代の建物。
明治21年5月の発売時に使用されたキリンビールのラベルと「総代理店明治屋」の肩貼り(麒麟麦酒株式会社所有)。
明治22年6月より使用されたラベル(麒麟麦酒株式会社所有)。
明治42年、スコットランドから輸入したキリンビール宣伝用と配達用を兼ねた貨物自動車は、警視庁登録番号の「1」をとり、愛称「ナンバーワン自動車」として人気と注目を集める。自動車そのものが珍しい時代に、車全体を大きなビン形に仕上げ、街中を走り回り、抜群の宣伝効果をあげた。 「ナンバーワン自動車」の荷台は、その後、ズックの幌に取り替え、明治45年に、東北地方への宣伝旅行に出発。各地の沿道はエンジン音とサイレンの響きに魅せられた見物人で大賑わいとなった。明治屋のナンバーワン自動車は、宣伝カーのはしりとして大きな役割を果たし、わが国の広告史に残る快挙といえる。


絶対に防腐剤を含まず。特製「名譽月桂冠」壜詰の一手販売契約。
それは、明治屋が創業以来、堅持してきた基本理念「良心」の証しであり、
品質本位、公正な取引、その相互信頼が発展の大きな原動力となった。

大正4年、明治屋は大倉恒吉商店(現在の月桂冠株式会社)との間に、防腐剤を全く含まない特製「名譽月桂冠」壜詰の一手販売契約を結びました。樽詰清酒が主流であった時代に、壜詰清酒の流通を広めたのは、品質向上のための懸命の努力と明治屋の信用にあったといえます。
大正13年の大阪朝日新聞他に、一壜ごとに貼付されている封緘を広告モチーフに用いるとともに、高品質の証しとして大阪市立衛生試験所長医学博士の証明書が広告として掲載された。
月桂冠の宣伝活動は、特に大正後期から積極的に展開され、新しいポスターや広告塔などによる斬新なアイデアとユニークさで話題を集めた。


すぐれた品質、洗練されたデザインのMYブランド製品の登場。
欧米型食生活へと移行しはじめた日本人の食生活、
そして「消費者の時代」を迎え、
様々なニーズに合わせて開発されたバリエーション豊かな製品。

飛躍的な高度経済成長期へと向かう昭和30年代、日本人の食生活が大きく変わりはじめていることを見据え、MYブランド製品もジュースやピーナッツバター、コンビーフなど、欧米風の商品を次々と発売し、大好評を得ていくこととなります。


アメリカの有名なインダストリアルデザイナー、ウォルター・ランダーによる洗練された「MYラック」のラベルデザイン。昭和35年。
昭和31年、明治屋PR紙「嗜好」(明治41年創刊)の391号に掲載。